新田 真紀(にった まき)
1968年岩手県盛岡市生まれ。 20代に血液のガンを発症し、病気療養の日々を過ごす。その後、仕事と子育て、40代で福祉の道に進む。現在は、発達障害や精神疾患のある方の就労支援、対象者を限定しない企業の外部心理カウンセラーとして働く。「魂の道場」での学びはライフワークとなっている。


好き:喫茶店、お笑い、動物、車中泊の旅
性格:いつもどこかが抜けている
伊藤洋子「魂の道場」認定カウンセラー
精神保健福祉士 
公認心理師 


「魂の道場」での体験

以前の私は、他人からどう思われているかが気になってしかたなく、いつも頭の中が考え事でいっぱいでした。他人から見られたいと思う姿形をした、まるでなにかの着ぐるみを着ているかのように、中から外の世界を怖々と見ながら、他人ばかりを観察していたように思います。明るい人だと言われればそういう自分を演じ、どれが本当の自分なのかわからなくなる。いつも自分に嘘をついているような感じがありました。
また、そんなことをしている自分はみっともなくて、ダメな人間だと自分を責めていました。

2010年「魂の道場」でのカウンセリングを受け、自分を知るシンプルなワークは、どうしていつも同じようなことで悩み苦しむのか、繰り返すたくさんのパターンがあることを知りました。

回数を重ねるうちに、自分を知ることが楽しくなり、心が軽くなっていくようでした。この私にも、 他人の目を気にせず、生きたいように生きれる人生が送れるのではないか、とはじめて思うようになったのです。とてもゆっくりとした流れでしたが、確実に安定していく心(のちに体)の変化を感じていきました。


家族のこと、夫婦のこと、子どものこと、仕事のこと、そして自分の人生をどうしていきたいのか。自分で自分をカウンセリングしていくことができます。それはわたしだけでなく、どなたにもできるワークを通して少しずつ理解が進みます。

 一歩を踏み出す勇気は、十分あなたに備わっています。
どうぞ気楽な気持ちで、そしてぜひ、希望をもってカウンセリングにお越し下さい。

2022年10月吉日